<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
5月23日
警告-WARNING-

現在も逃走中!見かけたら、すぐ逃げて警察に通報するべし
京都府民、及び周辺市町村は夜間の外出、戸締りなどを徹底すべし。




石津容疑者、京都府南部や枚方市を中心に移動か

京都市南区の路上で21日起きた強盗殺人未遂事件で、大阪、京都両府警が行方を捜している石津淳容疑者(40)=大阪府枚方市の殺人未遂事件で指名手配=が、京都の事件の2日前、京都府京田辺市に立ち寄った形跡があることが両府警の調べでわかった。事件直後には同府宇治市にいた可能性が高いことも判明。両府警は、石津容疑者が事件前後、枚方市から京都府南部にかけて移動していたとみて所在を捜している。


 f0103884_171268.jpg
調べでは、石津容疑者は14日夜、枚方市の府営住宅で少年2人を切りつけて逃走したとして大阪府警に指名手配された。その後、足取りは途絶えたが、19日午前10時ごろ枚方市から約10キロ離れた京田辺市にいたとの情報を両府警は把握している。

 そこから20キロほど北の京都市南区の路上で21日午前8時45分ごろ、女性(45)が自転車に乗った男に刃物で襲われ、現金を奪われた。男の外見は石津容疑者によく似ており、現場に石津容疑者の運転免許証などが落ちていた。


両府警はその1時間後の午前9時45分、石津容疑者が約7キロ南東の宇治市木幡にいたとの情報もつかんでいる。自転車を使ったとすれば、十分移動可能な距離だという。

 両府警は石津容疑者が京都府南部や枚方市を中心に移動している可能性が高いと判断。計約500人態勢で捜索し、立ち寄った場所付近の聞き込みを続けている。
 f0103884_1714188.jpg






石津淳容疑者=大阪府警提供
[PR]
by usarabbit | 2008-05-23 17:05
5月13日
下の記事の解答例


台形ABCDの面積は


(上底+下底)×高さ÷2 =(BC+AD)×CD÷2
              
                =(a+b)×(a+b)÷2
              
                  (a+b)2
                =━━━━ ・・・①
                    2




三角形AEDと三角形BCEは合同な三角形なので、面積は同じ。
ゆえに2つの三角形の面積の和は、

 ab    ab
━━━+━━━ =ab                ・・・・②
 2     2




三角形ABEは二等辺三角形なので、この面積は

 c2
━━                             ・・・・③
 2




②+③が台形の面積①になるので、

(a+b)2        c2
━━━ = ab + ━━
  2          2


両辺に2をかけて


(a+b)2 = 2ab + c2


左辺を展開して


a2+2ab+b2=2ab + c2


2abが両辺にあるので、移項すると


a2+b2= c2






コメ変身


ほかの3つもあってると思うが、その発想はなかった。>非公開さん

うわないわ 今度卓球しに行くか>もい

面白そうだったからさ>ヴェイグさん

リンクもらいにいくクマー>非公開さん
[PR]
by usarabbit | 2008-05-13 21:32 | その他
5月8日
f0103884_341187.jpg



∠BEA=∠BCE=∠EDA=90゚

BC=DE=a , CE=AD=b , BE=EA=c

とするとき、a^2+b^2=c^2(三平方の定理)を証明せよ。






コメ変身


その妄想力ないわぁwwwww>もい

ち、ちがうんだっ!これにわ¥は訳がっ!>鸚鵡さん

な、なに、動揺することではない。>疾風s
[PR]
by usarabbit | 2008-05-08 03:50 | その他
5月6日
脳内相性メーカー



f0103884_2342678.gif






・・・・  ( д) ゚ ゚



琴香ちゃんよ、いけませんわよ
[PR]
by usarabbit | 2008-05-06 23:36 | その他
5月3日
憲法九条により、日本は戦後どことも戦争はしなかったし、一人も殺さなかった。
九条は世界に誇れるすばらしい憲法である。

憲法九条改正ということについてネットサーフィンをしていると、
それについて賛否が分かれている。

賛成派は、

理想(戦争放棄、武力不保持など)はいいが、現実を見てみろ。
すぐ近くの国ではいつでも日本に攻撃できるような状態だ。
それなのに、ただやられるだけというのはおかしい。

九条があったから他国は日本に攻撃してこなかったのか。
いやそうではなく、アメリカ軍が日本に駐留していて、他国に
無言の圧力をかけていたから攻撃されなかった。

などと言っている。



しかし本当にそれが正しいのか。

イラク戦争ではアメリカが日本に協力を求めた。もちろん
九条があっても日本はその協力を拒否できなかった。
しかし、九条があったからこそ自衛隊が戦闘地域ではなく、
非戦闘地域に派遣されるだけですんだのである。
もし九条がなかったら、戦闘地域の派遣され、
多くの自衛隊員の命が失われたことだろう。

戦争は自国を守るために起こされるものである。
「相手が攻撃してくるかもしれないから自国を守れるように軍隊を置こう」
この考えはおかしい。
他国を脅かす要因(武力)がなければ、相手も自国を敵から守る必要がなくなる。
そのためにはやはり「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の憲法九条を
改悪してはならない。


戦争をしないことはすばらしいことである。
それなのになぜ自ら「戦争できますよ」と改悪しなければならないのか。

戦争は悲惨なものだ。99.99%の人間は不幸になる。利益を得るのは
ほんの一握りの人間である。
憲法九条を改悪して、仮に戦争に行くことになったとしよう。
誰が行くのか。それは改悪した人たちではなく、私たち若者である。
そんな世の中にならないためにも、憲法九条は改悪するべきでないし、
私たちがそうさせないように努力する必要があると思う。














コメ変身

頼りにしてるよ>もい

おれの妹をめもっちゃらめええええ>スライムさん

だがしかし模写な件>疾風s

絵ははってるよー
ヴェイグさんの絵に期待^^>ヴェイグさん

^^;
卓球いくか>非コメさん
[PR]
by usarabbit | 2008-05-03 11:42 | その他