4月1日
きょうもおれのたーんですこんにちくぁ



きょうはごばくしゅうせなしでいきまsu




25日のお深いのことでも書きましょうか




はりーとkmsmとゆーりさんと合流して、さあ今からどこかに行こうかなって時に

kmsmが急きょ帰宅せざるを得ないことに。


しかたないんで、みんなで京都駅の大階段でご飯ROM



kmsmは1抜けして、残りの3人でカラオケtime


人前で歌うのはほぼ初めてのはりーとおれ




カラオケに入って、タウンページみたいな曲リストの本でとりあえず茅原を探すがない。



仕方がないので水樹をさがす。歌えるやつがほぼない


ついでなので平野を探す。はれはれだけあった。もういいし。はれはれ熱唱するし



一回目歌ってしまえばもうなにも恐れるなかれ



時間が来るまでみんなで歌いまくり



真紅あったけど、リズムが微妙におかしくてはずしまくった。く、くやしい(ビクッびく)




ところではりーとゆーりさん歌うますぎ。録音したかった



カラオケ終わってからは俺んち直行で、晩飯ROM


ハンバーグきました。ジューシーでうまー



ゆーりさんは胃がパンク寸前だったらしい。言ってくれたら全部たべてあg(ry




夜はジンセイゲーム


なぜか70万ドルもって一番抜けの俺ガイル


はりーとゆーりさんでオセロ大会。おれは傍観者


ゆーりさん強すぎてはりー惨敗




お遊戯はこれくらいにして、睡眠タイム





ある夜の一場面を少し。





少女は暗闇の中で眠りについている。

「・・・っ!?」

突然横腹辺りにぞわぞわとした感覚が身体を突き抜ける。

電気を消しているので何も見えない。身体の感覚だけが頼りだ。

横腹に触れる指がまた増えてゆく。

少女の身体はビクビクと反応し、切なげな声をあげる。

「ひゃぅッ・・・んぁ・・・ッ」

指は徐々に上のほうを責めてゆく。

首筋、うなじ、耳・・と、優しく触れ弄ぶ。

少女は手で口を押さえて声を出すまいとするが、その艶かしい声を完全に殺すことはできない。

逆にその媚声が指の動きをさらに助長することとなった。

「ゃッ・・・・はぁン!アぁっ・・・!」

少女は特に弱い横腹、耳、うなじ、脇の4点責めによりいっそう大きな声を上げる。





みたいな



誰視点だよ(びしっ)

もう小説風とかむりですはい



フィクションかノンフィクションかはわからない。だって4/1だし
[PR]
by usarabbit | 2008-04-01 02:48 | その他
<< 4月7日 3月20日 >>